2015年11月05日

クレンブテロール スピロペント

気管支拡張薬です。気管を広げて呼吸を楽にします。喘息のほか、気管支炎などでゼーゼーする咳に使われてます。
気管平滑筋にある交感神経の「β2受容体」を刺激して気管支を広げます。また、膀胱の平滑筋を弛緩させる一方、尿道の括約筋に対しては収縮力を強めます。

クレンブテロールの筋肉の分解の防止効果
他の筋肉増強剤にも筋肉の分解防止作用はあるが、自身のホルモン分泌に影響を与えてしまう。しかしクレンブテロールはホルモン分泌に影響を与えないので、アナボリックステロイドの休薬期間中に、筋肉の減少防止によく使われることもあります。

・注意
交感神経を興奮させる作用があるので、病気によってはその症状を悪化させます。高血圧や心臓病、甲状腺機能亢進症、糖尿病のある人は慎重に使用する必要があります。
長期使用(2週間)すると効果が落ちてくるので、2週間続けたら必ず2週間OFFにするなどしましょう。続けすぎると回復にもっと時間がかかることがあるので注意しましょう。

効果の割に副作用が少ないので、ボディビルダーにも人気のある筋肉増強剤です。


クレンブテロール40mcg (Astralean) 【アルファファーマ】 【1箱50錠】

こちらの「クレンブテロール」はボディービルダーに人気の高い、筋力増強作用があると考えられている商品です。
「クレンブテロール」は、日本国内では「スピロペント」という商品名で気管支喘息や、腹圧性尿失禁などに用いられています。
この「クレンブテロール」には、β受容体刺激作用があり、気管支喘息の治療では、気管の平滑筋に存在する交感神経のβ2受容体を刺激して、気管支まわりにある筋肉の緊張をゆるめ呼吸を楽にします。
β受容体を刺激することによりさまざまな変化が現れますが、こちらの「クレンブテロール」が着目したのは中でも、交感神経刺激作用と、タンパク同化による筋組織量の増加作用です。
上記の気管支平滑筋の拡張作用により、より多くの酸素を体内に取り込むことができ、加えて心臓内のβ受容体の刺激により、心臓の働きを高めます。心臓の働きを高めることにより、体内へより多くの酸素を運ぶことができます。
服用後、心臓がドキドキと早く打ち、動悸を感じることがあるのはこのためです。
筋肉へ酸素が多く運び込まれるため、脂肪燃焼作用や、スポーツをされている方はより高いパフォーマンスが期待されます。
「クレンブテロール」はβ2刺激薬の中でも、第三世代に分類され、β2受容体への選択性が高く、薬の作用する時間も8〜10時間と長い薬です。
そのため、「クレンブテロール」の作用は大きいと一般的に考えられているため、ドーピング検査対象薬物に指定されていることも少なくありません。

こちらの「クレンブテロール」は、ホルモン製剤ではないため、男性ホルモンの分泌に影響を与えることはありません。
そのため、テストステロン製剤に見られることの多い、睾丸の機能低下などの副作用が出ることはないと考えられています。
posted by 最強の肉体 at 16:27 | TrackBack(0) | 脂肪燃焼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429131516

この記事へのトラックバック
プロホルモンなどのホルモン関連製品は、素人は手を出さない方が賢明です。
ドーピング検査があるスポーツをしている人は決して使わないでください。
自分のことは自分で責任をとれる人向けのサプリメントです。

アメリカの最新のサプリメント
サプリメント先進国アメリカから、最新のサプリメントを紹介してます。
■個人輸入がお勧め
円高の今だから個人輸入がお勧め!でも直接アメリカから自分でやるのに不安な人には、アメリカに支店がある日本語で購入出来るお店がお勧め。現地価格を円で購入出来て送料も安く済むので便利です。
■関税について
輸入には関税に注意が必要です。個人の小口輸入には関税がかかりませんので、そこのところをうまく利用しましょう。
■安心後払い
銀行振込・コンビニ支払いも可能で、商品受け取ってからの後払いが選択出来るので、直接個人輸入するのが不安な人・クレジットカード決済が不安な人も購入出来ます。