2016年11月29日

アナドリン オキサンドロロン配合筋肉増強剤

有効成分のオキサンドロロンを含有するたんぱく同化剤が、アナドリンです。

たんぱく同化剤であるアナドリンは、肝臓および各組織において、生体内のたんぱく合成を促進させます。たんぱく質の合成を促すことで、筋肉を増やす薬です。また、怪我や火傷による著しい体力の消耗を改善したり、骨髄の機能を高めることで赤血球を増やし、貧血などを改善します。カルシウムの排泄を抑えることから、骨が脆くなるのを防ぐ働きもあります。



【効果効能】
広範囲の手術・慢性感染症・重度の外傷による体重減少後の補助療法、骨粗鬆症

・オキサンドロロン
アナバー(オキサンドロロン)は、重症の火傷を負った患者の健康維持のために使われたり、急性のアルコール性肝炎の患者に使用されたりします。
このことからもわかるように、アナバーは他のアナボリックステロイドと比べて毒性や身体への負担は低いです。身体への負担が高いものを大火傷を負った患者には処方できないからです。
アナバーは、男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)に似た形状を持つ化学物質です。DHTは女性ホルモンに変換されないため、ステロイドの起こす女性化副作用(女性化乳首など)を引き起こしません。また、経口ですが、肝毒性が低く、アルコール性肝炎の患者に処方されることもあります。
アナバーは非常に副作用が少ない部類のステロイドです。まず、DHTに似た形質をしているため、アロマターゼによって、エストロゲンに変わることがありません。したがって、女性化作用を引き起こさないのです。
さらに、肝毒性が低いという特徴もあります。通常、経口のステロイドは肝臓へ負担をかけますが、アナバーは急性アルコール肝炎の患者にも使われることもあるほど、身体への負担は低いステロイドです。
posted by 最強の肉体 at 10:04 | TrackBack(0) | ステロイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

筋肉増強剤アンドロリック

筋肉増強剤アンドロリック
ナチュラルで限界を感じた人に、より巨大な筋肉を得られるでしょう。

主成分オキシメトロンは、アナドロールと同じ成分です。強力なタンパク同化ステロイドで、高いアナボリック効果が期待できます。
タンパク同化ステロイドは多くのボディビルダーやスポーツ選手が使用するアナドロールと同成分であり、短期間で体重増加が見込めることでも知られています。


オキシメトロン50mg (Oxydrolone) 【アルファファーマ】

主要成分)オキシメトロン 50mg
オキシメトロンは経口剤では、最強の効果を誇る筋肉増強剤です。
オキシメトロンは、食欲を増加させ、赤血球数を増やし、タンパク質の合成を高め、筋肥大を爆発的に促進させることが科学的な研究によって証明されています。アナボリックステロイドとして効果絶大です。

経口タイプのステロイドの中ではアナボリック効果が一番強いといわれており、アナボリック効果と共にアンドロジェニック効果もあります。これは男性化作用のことであり、ステロイドが密接な関わりを持っています。

参考口コミ)
オキシメトロンの錠剤はアナポロンとほぼ同じです。前回 アナポロンを使用したときは12週で3キロの筋肉量が増加しました。次回は6月から使用する予定で食事の回数を増やして使用してみるつもりです。期間中は1日6食を試すつもりですが できるかどうか?3食以外は肉のみ(鶏肉、牛肉、さば缶)
posted by 最強の肉体 at 00:01 | TrackBack(0) | ステロイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月20日

オキシメトロン アナポロンと同成分

アナポロンと同成分のの筋肉増強サプリメント
経口剤のなかで最強なのが、このアナドロール(オキシメトロン)です。
商品名としてはオキシメトロン、アナポロン、アンドロリック等々の名称で販売されています。
もちろん使用は自己責任で!!!

アメリカでHIV患者の筋力維持のために使用されることにより、再び注目をあつめ、商品名を変えて製造が復活しました。ちなみにこの筋肉増強剤はHIV患者の治療のほかにも、悪性不良貧血の治療にも用いられていました。赤血球の増加作用があるからです。



アナポロン オキシメトロンと同等品です。
posted by 最強の肉体 at 18:41 | TrackBack(0) | ステロイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

アナポロン オキシメトロン

非常に強いアナボリックステロイドです。
値段も安く、使いやすい錠剤ですが、副作用が出やすいので注意が必要です。
普通の人には向きません、初めてのステロイドなら別のものを使いましょう。
副作用が出た時のケアも、それなりのもの(医薬品)を準備しておいた方がいいです。
もちろん使用は自己責任で!!!



アナポロンは、Abdi Ibrahim社が製造する、筋肉増強剤です。
アナボリックステロイドの一種で、経口服用するタイプの中では非常に効果が高い商品として知られています。

主成分オキシメトロンは、アナドロールと同じ成分です。強力なタンパク同化ステロイドで、高いアナボリック効果が期待できます。
タンパク同化ステロイドは多くのボディビルダーやスポーツ選手が使用するアナドロールと同成分であり、短期間で体重増加が見込めることでも知られています。

タンパク同化ステロイドは気軽に経口摂取することができるのと、その即効性から、スポーツ選手を始め、世界中で使用されているアナボリックステロイドです。

■副作用
アナポロンは、その効果の高さと同時に、強い副作用でも知られています。
代表的なものとして、ニキビや女性化乳房、睾丸萎縮などがあります。
また体内に水分が蓄積されることから、肝機能の悪化も考えられます。
気になる症状が現れた場合は使用を中止し、かならず医師にご相談ください。
posted by 最強の肉体 at 16:01 | TrackBack(0) | ステロイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月14日

アナバー オキサンドロロン

アナバー(Anavar) ジェネリック 成分オキサンドロロン 10mg

副作用の少なく使いやすいアナボリックステロイドです。
ステロイドですが、下手なプロホルモンよりも副作用が少ないですが、使用は自己責任で!!



最初に米国で導入された 1964, oxandrolona アナボリックステロイドは、ファイザー社によって作成された, 株式会社. および商標名Anavarで販売されていました。
1980年代のステロイド使用に反対になったとき, サンドロロンの製造は中断し、ごく最近になって再び生産を開始しました。

Anavarとは?
Anavarはアナボリックステロイドとして利用可能です。
Anavar治療は補助療法として指示され、手術後の体重減少後の体重増加を促進するために使用されます。慢性感染症, 体重増加を禁止する特定の健康状態による外傷患者. 薬剤はまた、コルチコステロイドの長期使用、及び骨粗鬆症による骨痛の緩和のためのタンパク質異化を相殺するために使用されます。

【アナバーの特徴】
・メチルテストステロンに比べてアンドロゲニック作用は5分の1、アナボリック作用は6.3倍
 高い効果を持ちながら、抜け毛やニキビなどの心配が殆どありません。
・コルチコステロイドへの対抗作用がある
 ストレス性の筋量減少や、体脂肪の増加に対抗します。
・アロマタイズしないため、女性化乳房の心配がない
 余計なケア用品が必要なく、複雑なPCTを行わずに済みます(最低限のPCTは行って下さい)。
・肝毒性が極めて少ない
posted by 最強の肉体 at 10:03 | TrackBack(0) | ステロイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

スタノゾロール ウィンストロール

スタノゾロール (Stanozolol) は、ジヒドロテストステロン由来のアナボリックステロイドです。ウィンストロール(経口)やウィンストロール・デポ(筋肉)の名称で商業的に販売されています。

アナボリックステロイドの中では比較的副作用が少ないために、ボディビルダーやスポーツ選手に一般的に使用されています。
ダイエット時に、脂肪は減らすけど筋肉を減らしたくない時などにも使われるようです。

ベン・ジョンソンが使って有名になったやつで、陸上競技にも効果が高いと言われてます。もちろんドーピング検査でひっかかるのですが(^^;


Rexobol(スタノゾロール)
スタノゾロールは、経口のたんぱく同化薬です。
スタノゾロールは、肝臓および各組織において、生体内のたんぱく合成を促進させます。たんぱく質の合成を促すことで筋肉を増やし、けが・やけどなどによる著しい体力の消耗を改善します。また、骨髄の機能を高めて赤血球を増やすことで貧血などを改善したり、カルシウムの排泄を減らすことで骨が脆くなるのを防ぎます。


たんぱく質の合成を促進することにより、筋肉や骨を丈夫にしたり、赤血球を増やす効果の期待できるお薬です。
軽症の再生不良性貧血の治療に用いられることもあります。
副作用の少ないですが、ナチュラルで限界な人や、もっと気軽に筋肉を強くしたいという人向けですね。でもステロイドなので一般の人には向いてません。
使用は自己責任で!!!

◯おすすめ併用サプリ
クレアチンなどとの併用すると相乗効果が期待できます。
激しいトレーニングを行う場合(普段よりハードにトレーニングできるようになると)内臓に負担がかかったり、ケガしやすいので注意しましょう。
posted by 最強の肉体 at 18:41 | TrackBack(0) | ステロイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月06日

Dアナボル メタンジエノン

Dアナボル10mg(Danabol-LA)

アナボルタブレットの同等品です。値段が安く使いやすいですが、使用は自己責任でお願いします(非常に危険な部類のサプリです)


【LaPharma】Dアナボル10mg(Danabol-LA)

Dアナボルの主成分、メタンジエノン(Methandienone)はアナボリック・ステロイド(anabolic steroid)として知られる成分で、世界各国のボディビルダーやタイの一流キックボクサーなどのスポーツマンが 多く愛用しています。

アナボリックステロイドは、タンパク同化効果がある男性ホルモン・テストステロンの作用を強めるため人工的に開発された男性ホルモン類似物質で、摂取したタンパク質を筋肉に変える働きにより、通常よりも高い筋肉増強効果や、脂肪燃焼効果が得られるとされています。
また、薬の作用を生かして骨粗鬆症、やけどやケガによる体力の消耗時にも使用される事があり、引き締まった身体を目指すダイエットのサポートとしても注目されています。

○ダナボルDS(メタンジエノン10mg)とは
シュワルツェネッガーも愛用したことで有名な筋肉増強剤です。
経口剤のステロイドでは最強と言われています。
タイの製薬会社March Phamaceutical Co.,Ltd.社で製造、販売されています。


※使用する場合は、肝臓保護のサプリなどを併用しましょう。
長期で使用すると問題が出る可能性が高くなります。PCT用のサプリメントも考慮しておきましょう。
posted by 最強の肉体 at 17:03 | TrackBack(0) | ステロイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プロホルモンなどのホルモン関連製品は、素人は手を出さない方が賢明です。
ドーピング検査があるスポーツをしている人は決して使わないでください。
自分のことは自分で責任をとれる人向けのサプリメントです。

アメリカの最新のサプリメント
サプリメント先進国アメリカから、最新のサプリメントを紹介してます。
■個人輸入がお勧め
円高の今だから個人輸入がお勧め!でも直接アメリカから自分でやるのに不安な人には、アメリカに支店がある日本語で購入出来るお店がお勧め。現地価格を円で購入出来て送料も安く済むので便利です。
■関税について
輸入には関税に注意が必要です。個人の小口輸入には関税がかかりませんので、そこのところをうまく利用しましょう。
■安心後払い
銀行振込・コンビニ支払いも可能で、商品受け取ってからの後払いが選択出来るので、直接個人輸入するのが不安な人・クレジットカード決済が不安な人も購入出来ます。